EDはストレスで発症する?勃たなくなる原因とは(タダシップ)

EDはストレスで発症する?勃たなくなる原因とは(タダシップ)

タダシップとは

精神的ストレスや生活習慣などから起こるEDは、「勃起しない」というセックス出来ない状態も苦痛になってしまいます。
EDの原因を日常生活で改善していければ治る可能性もありますが、即効性はありません。
EDとしっかり向き合っていくために、タダシップという治療薬の服用をオススメします。
世界3大治療薬と言われる、シアリスのジェネリック医薬品は同じ効果・成分で作られています。
初心者でも使いやすいので、タダシップについて詳しくご紹介していきます。

EDの原因にタダシップは効く?

EDの原因はさまざまです。
・心理的なストレス
→会社や恋人関係でのトラブル・緊張や不安などから引き起こります。
・生活習慣の乱れ
→糖尿病や心臓病の生活習慣病など、タバコやお酒の飲み過ぎからもEDになる可能性があります。
・薬剤による副作用
→使用している薬の副作用のひとつで、EDの症状が現れる場合がある。

タダシップの有効成分はタダラフィルです。
血行促進作用の働きをするため、EDのすべての原因に対処できます。
PDE5阻害薬とも呼ばれていて、勃起できない男性の場合cGMPと呼ばれるペニスに働きかける体内物質の働きをPDE5が邪魔をします。
PDE5は射精後に男性器を鎮める大事な働きではありますが、活発になりすぎてしまうことで勃起しづらくなるのです。
タダシップを服用すれば、PDE5の働きを阻害してcGMPを正常に機能させます。

服薬すると「ずっと勃起しているの?」と気にする方がいますが、勃起のコンディションを維持する作用です。
性欲促進剤ではないので、性的興奮・刺激によって勃起しますので安心してください。

タダシップは低価格でシアリスの効果が得られる

シアリスのタダシップの違いについて効かれますが、効果や成分はまったく一緒です。
違いは、価格・製造会社・購入方法だけ。
シアリスは新薬として誕生しているため、タダシップよりも開発費用と期間がかかっています。
タダシップは、シアリスの成分を元に製造できるので、製造コストも期間も大幅にダウン。
安全性や有効性が劣っているわけではなく、成分を開発する期間がかかっていないからです。

タダシップはインドにあるシプラ社で製造されています。
インドはジェネリック製造大国として有名です。
沢山の製薬会社が存在している中で、シプラ社は3~4番手に大手企業として活躍しています。

タダシップの効果と服用の注意点

タダシップの有効成分はシルデナフィルです。
体内でゆるやかに吸収され時間をかけて効果を発揮していきます。
他のED治療薬は約4~8時間程度と短いですが、シルデナフィルは最長36時間も効果が持続します。
シルデナフィルの成分は体内から完全に抜けきるまでは、60時間かかります。
勃起できるコンディションは36時間続くので、時間に焦る必要がなく何度でもセックスが可能。

効果は段々と弱まっていくため、勃起力が1番強い時にセックスしたい場合は、服用して3時間後がオススメです。
作用のピークを迎えるので効果が最大に発揮されます。
タダシップは他のED治療薬に比べて、マイルドな勃起を実現できます。
バイアグラやレビトラはかなりハードな勃起効果があるので、「ムリやり勃たされている」と感じる方も。
タダシップはEDになる前のように自然な勃起ができるから、セックスの流れや感覚も取り戻せます。

服用は、1日に1回までが基本です。
効果が36時間続いても、2回目の服用は24時間経っていればOK。
タダシップは食事の影響を受けにくいので、服用タイミングをあまり選びません。
性行為の4時間前であれば余裕をもって服用できるため、デート前にも飲めるというメリットがあります。
「EDは恥ずかしくて隠したい」と、恋人に言えない男性は少なくありません。
タダシップはデート前に飲めるので、バレずにED治療ができます。

また800kcal内であれば食後でも服用が大丈夫なので、バイアグラのように空腹時という制限がないのです。
デート中に食事を気にしなくていいので、普段食べる1食分であれば800kcalを超える心配はありません。
脂っこい食事は腸に油膜を張ってしまうので、成分がうまく吸収されず効果を発揮できない可能性があります。
ハイカロリーな食事は避けて、あっさりした野菜やさかな料理などにしましょう。

タダシップはお酒との併用も大丈夫です。
リラックスする意味でもアルコールは役に経ちますが、服用後は酔いが回りやすくなります。
お酒は飲みすぎるとセックスどころではなくなってしまいます。
少量に抑えるか、アルコールに強くない方は控えてください。

グレープフルーツが含まれているモノは、相性が悪いので絶対に摂取してはいけません。
フラノクマリンという成分が効果を増強させてしまい、過度に副作用を感じたり、決あるが下がりすぎたりすることも。
体内からフラノクマリンが排出されるのは、3日間もかかります。
身体に負担をかける危険性があるので、併用はしないでください。